熊でもわかるFX入門 FX取引の軍資金 証拠金とは?

FX入門

FXに興味を持ち始めて、さあやろう!となるその気持ちはよくわかりますが、何事も準備が大切です。実際にやり始める前にいろいろと知っておきましょう。

今回はFXの資金の扱いに関わる知識を深めましょう。

証拠金ってなに?

証拠金とは、取引のためにFX会社の口座に預け入れる資金で、FX会社から信用力を得るために必要なお金です。簡単に言うと、担保のようなものといえます。

証拠金というワードにもいくつかの種類があります。

  • 必要証拠金
  • 有効証拠金
  • 余剰証拠金
  • 証拠金維持率

必要証拠金とは

必要証拠金とは、取引を行うために最低限必要となる証拠金のことです。

現在、日本での個人のFX取引では4%以上の証拠金を預け入れる必要があります。4%の資金を用いて100%の資金として取引をする、これがレバレッジ25倍という状態になります。

100万円分の取引をしたい場合は最低4万円必要になるということですね。

なお、ここで100万円分の取引する際に10万円用意した場合はレバレッジ10倍となります。レバレッジというのは用意する金額で調整できるということですね。

有効証拠金とは

有効証拠金とは、保有しているポジションの損益を加えた証拠金総額のことです。

ポジションを保有している場合は損益によって証拠金が変動しますので、取引に使える証拠金の総額を見る際に使います。

ポジションを保有していない場合は損益の変動は0ですので、単にFX会社に預けている証拠金と同額になりますね。

ポジションというのは、他国の通貨を買っているまたは売っている状態の状態のことを言います。日本語では建玉といいます。

余剰証拠金とは

余剰証拠金とは、あとどれくらい追加で取引できる証拠金が残っているかを表しています。

次の式で簡単に計算できます。

有効証拠金 - 必要証拠金 = 余剰証拠金

取引の際には、余剰証拠金がそれなりにある状態を保つことが大切です。

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、実際に取引している金額に対して、証拠金の残高の割合のことをいいます。

次の式で簡単に計算できます。

有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100 =  証拠金維持率(%)

余剰証拠金と同様に安全な取引のためにはある程度高い証拠金維持率を保つことが大切です。

また、証拠金維持率はロスカット(強制決済)の基準とされています。

ロスカットってなに?

ロスカットとは、FX会社の定める取引ルールに基づいて、取引で一定以上の損失が発生した場合に現在保有しているポジションを強制的に決済する仕組みのことを言います。

FXも投資ですから思わぬ損失が発生する可能性はあります。こういった場合に、証拠金を超えた損害を出さないように、FXユーザーの損失の拡大を防ぐための機能がロスカットです。

どのくらいの損失でロスカットされるの?

ロスカットは、証拠金維持率に基づいて設定されており、FX会社によって異なりますが、証拠金維持率が一定値を下回った場合にロスカットが発動します。

証拠金維持率50%や100%を基準としている会社が多いです。

なお、自分で計算しなくてもFX会社にシュミレーターが用意されていることも多いです。

いきなりロスカットされるの?

これもFX会社によって異なりますが、ロスカットが発動する前にマージンコールという警告を出してくれる会社もあります。

マージンコールが来た場合は、 証拠金を追加で増やす(追証)、他に保有しているポジションを決済するなどして、一定期間内に証拠金維持率を改善する必要があります。

マージンコール機能があるFX会社では、一定期間内に改善されない場合はそこでロスカットとなります。

イメージとしては、ロスカットが50%で発動するFX会社の場合、マージンコールは100%で発生するという感じです。

ロスカット以上の損失は絶対出ないの?

残念ながら相場が急に動いた場合などは、ロスカットが間に合わず設定値以上の損失が発生する場合があります。

特に要人の発言などの影響の大きいニュースがあった場合や、週末を挟むような取引を行っている場合には注意が必要です。

そのため、ロスカットを当てにせず、自分で損切りできるようにしておきましょう。

コメント