熊でもわかるFX入門 市場とは?

FX入門

FXは時間と場所を選ばず取引できるといういいところがありますが、どのタイミングでも一律に同じ状況で取引できるかというとそんなことはありません。

結局は生きた人間が取引を行っているので活動時間にも限りはあります。ということは、FXというものは世界中で行われていますので、時間帯によって地域性が出てきたりするわけです。

さて、今回は時間が関係する市場というものをざっくり解説していきます。

市場ってなに?

外国為替についての新聞やニュースで「東京市場」や「NY市場」なんて言葉を見たり聞いたりしたことがあると思います。

FXは世界中の人と取引できますが、地域によって時差がありますので取引が活発になる時間帯の地域を指しています。

例えば、東京は朝で活発に取引されているけども、ロンドンでは夜なのでみんな寝るため取引があまりなかったりするわけですね。

時差の関係から取引が活発になる時間帯(夏時間)は次のようになります。

※ 冬時間の場合は+1時間です。

これは実際に取引場所があるわけではなく、その時間帯に中心となって取引を行う銀行が存在する都市(国)のことを指しているだけです。

また、一般的には日本時間の朝7時(米サマータイム中は6時)が、その日の取引が終わる時間とされます。このタイミングをまたぐと営業日が翌日に切り替わります。FXでは、この時間にスワップポイントの算出、日時処理などが行われます。

各市場の特徴について

FX市場では、東京時間、欧州時間、NY時間の三大市場と呼ばれる3つの時間帯で大きくカテゴライズされますが、東京時間がスタートする直前のオセアニア時間という時間帯もあります。

これらの市場は時間帯によって値動きに特徴があります。 ざっくり時間帯で分けると次のようになります。

東京時間:8時~15時くらいまで

日本や香港・シンガポールなどの市場が開くことで、アジア圏の取引が活発となる時間帯です。

10時頃の為替レートを基に銀行がその日の仲値を決定します。その前後の前場と呼ばれる午前9時から11時頃までは値動きは激しくなりやすい傾向にあります。

その後は比較的落ち着いた値動きが続きます。

欧州時間:15時~21時くらいまで

15時くらいからロンドン勢が参加してきて、値動きがより一層活発になります。

ドイツや欧州圏各国の経済指標が発表される時間帯で、ユーロやポンドの値動きが大きくなりやりすいです。

基本的に値動きが落ち着く時間帯はありません。

NY時間:20時~翌5時くらいまで

20時くらいからアメリカのトレーダーが参加してきます。米ドルは基軸通貨であるため、米ドルの動向は世界の金融市場に及ぼす影響が極めて大きいことは言うまでもありません。

米国の経済指標は大体21:30に発表され、世界中で注目されています。

米系ファンドなどが参加してくるため、荒っぽい値動きもちらほら見えます。

午後5時に近づくにつれ値動きは落ち着いていきます。

オセアニア時間:5時~8時くらいまで

ニュージーランドのウエリントンとオーストラリアのシドニーの2つの市場で構成されるのが、オセアニア市場です。

市場参加者が少なく、流動性が低下するため、些細な出来事で相場が大きく動くこともあり、リスクも高まります。

どの市場がいいの?

こればっかりは自分自身の都合やトレードスタイルが大きく影響しますので、一概にいうことは難しいです。

個人的な見解ですが、NY勢が多くなる前の17時~21時くらいは比較的値動きが素直で読みやすく、私は好んでこの時間にトレードしています。

いずれにしても為替差益を狙うのであれば、やはり値動きが大きい時間帯にトレードする方がやりやすいと思います。

しかし、リターンも大きくなりやすいですが、リスクも大きいことを理解しておく必要はあります。

コメント