MT4のインストールと初期設定

MT4のインストール

本ページではXMTradingのMT4を例に解説していますが、他のFX会社のMT4をインストールする場合も同様です。

Step1. Metatrader4のexeファイルを実行する

ご利用のFX会社のMetatrader4(MT4)をダウンロードするとダウンロード先にexeファイルが表示されます。
exeファイルのアイコンをダブルクリックし、exeファイルを実行します。

Step2. ライセンス条項の確認

「このアプリがPCに変更を加えることを許可しますか?」と表示された方は変更を許可します。

以下の画像のように「次へ」をクリックします。

また、Metatrader4をインストールするフォルダを変更する場合には、画像の「設定」をクリックすることで、インストールフォルダを指定することができます。

下記のようなMQL5のWEBページが開く場合がありますが、この画面は閉じてください。

Step3. MT4の自動起動

MT4のインストールStep2で「次へ」ボタンを押してから約数秒~数十秒でインストールが完了し、以下の「MT4」が自動的に立ち上がります。

以上で、MT4のインストールは完了です。
次はMT4への初期設定へと移ります。

MT4の初期設定

取引サーバーの設定

まずは、海外FX会社での口座開設時に送られてきた、E-mailをご確認ください。MT4にログインするための情報が登録E-mail宛に届いていると思いますので、その情報を元にサーバー設定をおこないます。

該当サーバーを選択し「次へ」ボタンを押して進みます。

※ 画面を閉じてしまった場合は、MT4の上部ツールバーの「ファイル」→「取引口座にログイン」と進むと、同じ設定画面に移動することができます。

ログインIDとパスワードを入力

「既存のアカウント」にチェックを入れて、海外FX会社から届いた「MT4 ID」と、あらかじめご自身が設定をした「パスワード」を入力し、「完了」ボタンをクリックします。

以上で、MT4の初期設定は完了です。
以降は自動でログインできるようになります。

前のページに戻る。 → MT4 EAの利用方法
もう一つMT4をインストールする。 → MT4の複数インストール方法