熊でもわかるテクニカル分析 ダウ理論

FX基礎講座

FXをやっていく上で現在の相場がどういう状況なのかを判断することがとても重要になってきます。

今の相場は買いの強いアップトレンドなのか、売りの強いダウントレンドなのか、それとも行ったり来たりして一定の値幅をキープしているレンジの状態なのか。こういった相場の状態を把握することを「環境認識」と言います。

FXではこの環境認識は必須のスキルであり、継続して利益を上げているトレーダーは精度の高い環境認識スキルを持っています。

今回は環境認識の方法として、トレンドを判断する際によく用いられる「ダウ理論」についてざっくり解説します。

ダウ理論とは

ダウ理論とはアメリカのジャーナリストだったチャールズ・ダウが提唱した理論で、 全てのテクニカル分析の基礎として、FXだけでなく株式等の様々な相場において多くの投資家に支持されています。

ダウ理論には6つの基本原則というものがありますが、今回はその中でも環境認識において最も重要な次の1つの原則に焦点を当てて見ていきます。

原則:トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

ただ、これを理解するためにはトレンドについて知っておく必要があります。まずはトレンドについて説明します。

トレンドについて

トレンドにはアップトレンドとダウントレンドの2種類があります。

アップトレンドとは次のように高値と安値が切り上がり続ける状態のこと言います。(青い〇が高値、赤い〇が安値です)

ダウントレンドとは次のように高値と安値が切り下がり続ける状態のことを言います。 (青い〇が高値、赤い〇が安値です)

原則:トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

さて、トレンドについて分かったところで、ダウ理論の解説に戻ります。

ダウ理論では、転換シグナルが出ないと上記のトレンドの形が継続して出続けると言っています。

ここで言う転換シグナルとは、高安値の切り上げ・切り下げを指しています。

どういうことかと言うと、先ほどの切り上げ続けていたアップトレンドの高安値が切り下がる、または切り下げ続けていたダウントレンドの高安値が切り上がるタイミングが転換シグナルであるいうことです。

次の図は先ほどのアップトレンドが転換した状態です。高安値が切り下がりダウントレンドに転換しています。

反対に次の図はダウントレンドがアップトレンドに転換しています。

このようにトレンドの継続と転換を繰り返すことで相場は動いているとダウ理論は言っているのです。

結局どう使うの?

この理論を使って相場今どちらに動こうとしてるのかが分かれば、今自分が買えばいいのか売ればいいのかが分かってきます。

ただダウ理論も非常に有効で重要ではありますが、単体では利益を上げることは難しいです。他の手法と組み合わせることで強力な武器になっていきます。

じゃあ他の手法でいいやと思うかもしれませんが、ダウ理論は相場分析の基本となるものであり、他のたいていの投資家の人達はダウ理論を知った上で様々な手法を用いてトレードしていますので、自分だけ知らないというのは不利な状態でトレードすることになります。

まずこのダウ理論を足掛かりに他のテクニカル分析を学習していきましょう。

コメント