熊でもわかるテクニカル分析 サポート&レジスタンス

FX基礎講座

FXで成功するために必要なスキルの1つとして、相場におけるサポートとレジスタンスという値動きを把握するということが挙げられます。

ある地点ではなぜか値動きの上昇が止まり、またある地点では下落が止まる。

そういった動きが相場の中では頻繁に発生しています。これを掴めるようになれば値動きの予想が格段にしやすくなります。

ここまで聞いてピンと来ていなくても大丈夫です。これを知るために必要なことはチャートに「水平線を引く」だけなのです。

それではざっくり解説していきます。

サポート?レジスタンス?

単に日本語で言うと支援と抵抗といったところでしょうか。

FXでは上昇する値動きに対して言われていることで、値上がりの支援または値上がりの抵抗という意味になります。

下の図を見てもらうと分かりやすいと思います。

赤い水平線で値動きの上昇や下落が何度も止められていますね。

この下落を食い止めて上昇を支援しているのがサポートライン、上昇を食い止めて抵抗しているのがレジスタンスラインとなります。

このように値動きが止まる価格帯を水平線で見えるようにするということが値動きを予測する上で重要になってきます。

なんでこんなことが起きるの?

一言で言えば、そこが投資家みんなに注目されている価格であるためです。

注目される理由としては、過去の高値・安値であったり、テクニカル指標に基づくものであったりと様々あります。

例えば、買いのポジションを持っている人が、直近の高値までは行くだろうがその先は分からないのでそこで利益確定しようとしたり、何度も同様の高値付近で止まっているのでまたそこから下落するだろうと売りのポジションを持とうと思っている人がいたりするわけです。

このように様々な思惑が集中するポイントがサポートやレジスタンスになるのです。

水平線の引き方

水平線の引き方としては、以下のようなポイントがあります。

  • 大きな時間軸から見ていく
  • 何度も止められているところに引く
  • 最初からきっちり正確じゃなくてもいい

大きな時間軸から見ていく

まずは大きな時間軸からチャートを見ていくことが大事です。環境認識の基本ですね。FX以外でもよく「大局を見よ」などと言われますが、全体の把握というの非常に大事になってきます。

小さな時間軸だけでは見えないラインもたくさんあったりします。

大きな時間軸から引いていって、徐々に小さな時間軸を見ていくと間違いが少ないです。

何度も止められているところに引く

何度も止められているところというのはそれだけ注目されていて、その分反発する力も強い傾向にあります。

そのため、基本的には複数回止まっているところを目安に引いていきます。

下の図だと黄色の円の辺りに引けそうですね。

注目されている価格帯というのは、上昇・下落の両方に作用します。真ん中の黄色い円は少し前のサポートとして機能していたラインですが、これから上昇していくときには、転換してレジスタンスとして機能する場合があります。

例外:1カ所しかなくても引ける場合

下の図のような目立った高値安値というのは注目されやすく、1カ所しかありませんが、水平線を引いてみるとそこで止まることも多いです。

最初からきっちり正確じゃなくてもいい

ひとまず引くときはざっくり大雑把で大丈夫です。

まずは目安が分かればいいのです。

上述のとおり大きい時間軸から引いていくと、どうしてもズレは出てきてしまいますし、精度を気にするのは小さな時間軸に落として細かく見たいときになってからで大丈夫です。

結局どうやって使ったらいいの?

使い方としては大きく2パターンあります。

反発するところを狙うか、突破(ブレイク)したところを狙うかです。

反発するところを狙うというのはもう大体わかると思いますが、ブレイクしたところを狙うというのは、一度ラインを抜けた場合そのままその方向に向かう可能性が高いからです。

下図の緑の円部分で売りに入るようなイメージです。

ブレイクするということは勢いが強いのでそのままスルスルと行くことが多いです。

また、ブレイクして完全にラインを抜けた場合というのは、これまでと180度反対の考え方をしなければいけなくなるので、サポートとレジスタンスが転換してその勢いが支えられることも多くなります。

これは、単純にブレイクした方向のポジションを持ちたい人が増えるのと、ブレイクしたのと逆方向のポジションを持っている人達がラインを抜けた場合に損切りを考えるためですね。

ただ一度ブレイクしたけどまた元の場所に戻ってくるということも起こります。FXに絶対と言えるものはないので、予想と逆に動いたときの準備もしっかりとしておきましょう。

コメント