熊でもわかるテクニカル分析 フィボナッチ・リトレースメント

FX基礎講座

今回はちょっと数学チックなお話になります。数学と聞くと拒否反応が起こって「いやあああ!」となる人もいると思います。私も学生の頃は数学苦手でした。

でも大丈夫です。今回のテクニカル手法も数学的な理論はFXでの利用方法を学ぶ時点ではそこまで知らなくても使えたりします。ひとまず理屈的なところは「ほー、そんなもんがあんのか」くらいに思っていてもいいです。

それではざっくり解説していきます。

フィボナッチってなに?おいしいの?

フィボナッチ数列という言葉を聞いたことくらいはある人が多いのではないかと思います。

フィボナッチ数列というのは、イタリアの数学者のレオナルド・フィボナッチという人が発見した自然界の黄金比となる数を並べたものを指しています。(黄金比とは人間がもっとも美しいと感じる比率とされています)

※ もしガッツリ知りたい人がいたらフィボナッチ数(wiki)とかで調べてみてね。

フィボナッチ数は自然のものだけでなく歴史的建造物・芸術作品などにも表れており、自然の摂理だけでなく人間の心理的にも作用していると考えられています。

この点からFXにおける集団心理にも作用するとして、テクニカル分析にも用いられています。

フィボナッチ数を利用するテクニカル手法もいくつかありますが、今回はその中でも分かりやすく使いやすいフィボナッチ・リトレースメントについて見ていきましょう。

フィボナッチ・リトレースメントってなに?

フィボナッチは先ほどのフィボナッチ数、リトレースメントとは「引き返す、後戻りする」といった意味です。

つまり簡単に言えば、フィボナッチ数の辺りでトレンドの引き戻しの反発が起こりやすいので、サポート&レジスタンスがどこにあるかの予想がつけやすくなるというテクニカル指標です。

そのため、このフィボナッチ・リトレースメントは、エントリータイミングを計ったり利確ポイントを決めたりすることに役立ちます。

利用するフィボナッチの数字について

ちょっと数学的な説明になりますので、うわあああとならないように先に答えを言っておきます。

利用する数字は「23.6%」「38.2%」「61.8%」です。とりあえずこの数字だけ覚えておけばフィボナッチ・リトレースメントは使えます。

なお、その他に半分の「50%」が使われていることもあります。

これは何の数字?

詳しく知らなくてもいいやという人は読み飛ばして次の項目に進んでください。

まず、フィボナッチ数列というのは以下のような数の羅列です。

「1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144……」

この数列には次のような法則があります。

  • 連続する2つの数字の和がその次の数になる。
  • どの数字も、一つ上位の数字で割ると0.618に近づく。
  • どの数字も0.382をかけると2つ下位の数字になる。
  • どの数字も、3つ上位の数字で割ると0.236に近づく。

ここに出てくる「0.236」、「0.382」、「0.618」が黄金比というもので、パーセントに直すと先ほどの「23.6%」、「38.2%」、「61.8%」になります。

どうやって使うの?

たいていのFX会社が提供しているチャートでは、フィボナッチ・リトレースメントを表示する機能がありますのでそれを使いましょう。

使い方としては、トレンドの始まりの高値・安値を始点として、トレンドの終わりの安値・高値を終点とします。

次の図を見ると分かりやすいと思います。

上の図はダウントレンドが起きた後、どのようになったかをフィボナッチ・リトレースメントを使って見ています。

少し見づらいかもしれませんが、画像右側に下から順に「0.0(終点)」、「23.6」、「38.2」、「50.0」、「61.8」、「100.0(始点)」と並んでいます。

それぞれのラインで値動きが反発して止まっているのが分かると思います。このようにフィボナッチ数列に沿ってサポート&レジスタンスができることが多いのです。

そのため、このフィボナッチ・リトレースメントを使うと、例えば、「38.2」ラインがレジスタンスになっていてトレンド転換サインが出ているのでエントリーできるんじゃないか、といった考え方ができるようになります。

逆に終点付近で逆張りのエントリーをした場合、「38.2」ライン付近で一度止まる可能性が高いですので、そこで決済して利確しようということも考えられます。

フィボナッチ・リトレースメントの他の見方としては、いずれかのラインを抜けたら次のラインまで到達するという特性もあります。

これはサポートとレジスタンスがライン上にある可能性が高いので、そこを抜けたら後は次のサポートとレジスタンスまでスルスルと行ってしまうということですね。

フィボナッチ・リトレースメントの注意点

他のテクニカル手法でも言っていますが、手法単体の機能を過信しないことが大事だということですね。

フィボナッチ・リトレースメントのラインを抜けたり、はじかれたりしても結局戻ってしまうということもありますので、他のテクニカル手法と組み合わせて分析の精度を高めていきましょう。

コメント