熊でもわかるテクニカル分析 チャートパターン

FX基礎講座

チャートを見ているとき、「ん?この形の値動きどこかで見たことがあるな」ということが良くあります。

その場合、過去に見たときとトレンドの動向も同じようになっていることも少なくないのではないでしょうか?

そうです。値動きにはパターンがあって、そのパターンはトレンドの動向を示していることがしばしばあります。

そのため、チャートのパターンを覚えるとトレンドの動向が掴みやすくなります。

それでは、今回はチャートパターンについてざっくり解説しています。

チャートパターンって何?

チャートパターンとは、チャートの形状から将来のトレンドを予測する手法で、大きく2種類に分けられます。

1つはトレンド継続のチャートパターン、もう1つはトレンド転換のチャートパターンです。

細かく見ていくとたくさん種類がありますので、今回は使いやすく発生しやすいものに絞って解説します。

トレンド継続のチャートパターン

トレンド継続のチャートパターンでは次の2つが良く用いられます。

  • フラッグ
  • ペナント

フラッグ

フラッグは次の図のようなチャートの形状のことを言います。

上昇または下降が一度止まり、逆方向にトレンドが転換します。この際、逆方向トレンドの高値安値に青い平行線(チャネルライン)が引ける状態をフラッグといいます。この形状が四角の旗のように見えるからフラッグと呼ばれるそうです。

フラッグと判断する基準としては、チャネルラインに上下それぞれ2点以上当たっていること、とするのがよいです。

フラッグでの仕掛けどころとしては、①が一番良いのですがここを捉えるのは難易度が高いです。他に何らかの信頼性の高い判断基準が必要となります。

そのため、一度戻りを待ってから②のポイントでのエントリーをお勧めします。

ペナント

ペナントは次の図のようなチャートの形状のことを言います。

上昇または下降が一度止まり、フラッグと同様に逆方向トレンドのような状態になります。しかし、ペナントでは高値と安値のラインの間隔が狭まっていきます。この形状が三角の旗のように見えるからペナントと呼ばれるそうです。

ペナントと判断する基準としては、上下のラインにそれぞれ2点以上当たっており、間隔が狭くなってきていること、とするのがよいです。

ペナントでの仕掛けどころとしては、①のみとなります。フラッグのように戻ることはありませんので抜けたらすぐにエントリーする必要があります。

フラッグと比べると、他の判断要素の必要性が高いです。

トレンド転換のチャートパターン

トレンド転換のチャートパターンでは次の2つが良く用いられます。

  • ダブルトップ、ダブルボトム
  • ヘッド&ショルダー

ダブルトップ、ダブルボトム

ダブルトップ・ダブルボトムは、次の図のようなチャートの形状のことを言います。

ダブルトップは高値から一度下落し、また同様の高値まで上昇したのちにトレンド転換が起こり下落していきます。見ての通り、アルファベットのMの形になります。

ダブルボトムは安値から一度上昇し、また同様の安値まで下落したのちにトレンド転換が起こり上昇していきます。見ての通り、アルファベットのWの形になります。

MまたはWの真ん中の頂点に青い点線で水平線を引いていますが、これをネックラインと言います。

ダブルトップ・ダブルボトムでの仕掛けどころとしては、基本的には①のネックラインを抜けたタイミングとなります。①の手前の頂点を狙いたいところではありますが、ここを狙うのであれば他に何らかの信頼性の高い判断基準が必要となります。

ヘッド&ショルダー

ヘッド&ショルダーは、次の図のようなチャートの形状のことを言います。

上昇下落を繰り返して、直近の一番高値安値のヘッドとその両側にショルダーの山ができます。この形を見たままですが、ヘッド&ショルダーと言います。

日本名では三尊・逆三尊といいます。雑学になりますが、兵庫県小野市にある小野浄土寺の「阿弥陀三尊立像」がモデルとのことです。

ヘッド&ショルダーでの仕掛けどころとしては、基本的には2つ目のショルダーの後にネックラインを抜けた①のタイミングとなります。 ネックラインがサポート・レジスタンスとして機能する場合が多く、①の後にネックラインまでの戻りを待ってエントリーするというのも有力です。

結局どれがいいの?

今回挙げた4つのチャートパターンはどれも強力な判断要素となりますので、状況によって使い分けできることが望ましいです。

とはいえそれではアレなので、単に私の意見となりますがこの中で選ぶとすれば、トレンド継続ではフラッグ、トレンド転換ではヘッド&ショルダーが使いやすい印象です。形が分かりやすく、騙されにくく感じています。

ただ、どれにでも言えることですが、いくら有力でも単独では勝率は下がってしまいます。トレンドライン、サポート・レジスタンスや移動平均線など、他の要素を組み合わせて考えることが大事です。

コメント