熊でもわかる分析手法 テクニカル?ファンダメンタル?

FX基礎講座

FXでは、相場の変動の仕方に予想をたてるためにいろいろな頭のいい人たちがいろいろな方法を考え出しています。 その中でも特に有効で重要と考えられている方法が2つあります。

それは「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」です。

今回はこの2つの分析手法についてざっくり解説します。

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、過去に起こったことから未来を予想しようという試みです。

過去に同じような値動きが頻繁に確認できた場合、似た場面が来た時にまた同じように相場が変動するのではないか、という考えです。「歴史は繰り返す」とも言いますよね。

主にチャートを使用して相場のトレンドや値動きのパターンなどを把握することで、将来の方向性や売買ポイントを予測する手法になります。

たとえば、有名なテクニカル分析の用語としては、チャートやトレンドライン、ローソク足などがありますね。 細かい意味合いは別としても、このあたりの用語は相場の世界を知る前の私でも知っていたので、知っている人も多いのではないかと思います。

メリット・デメリット

テクニカル分析には次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 相場の動きを視覚的に掴める
  • 情報の信頼性が高い
  • 注文や決済のタイミングが掴みやすい

デメリット

  • 手法が多く、使いこなすのが難しい
  • 突発的な動きには対応できない
  • 「だまし」と呼ばれる機能しないタイミングがある

テクニカル分析は目で見えるため分かりやすいのですが、相場に絶対というものはないので過信は禁物です。

ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析とは 、現在の状況から未来を予想しようという試みです。

これは世界中で起こる様々な出来事から、その出来事がどのように相場に影響を及ぼすかを考えるということです。

この手法の分析対象は非常に範囲が広く、どのような要因が含まれるかという具体的な定義はありません。そのため、一概には言い表せないのですが、FXに関して言うのであれば主に国々の動向や景気などから分析することになります。

メリット・デメリット

ファンダメンタル分析には次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • おおよその中長期的な展望が見える
  • 各国の定期的な発表事項に対して準備ができる
  • 各国の情報を知っておくことでリスク回避ができる

デメリット

  • 情報を得るまでに時間がかかる
  • どのように値動きするのかわかりづらい
  • 短期的なトレードには向かない

ファンダメンタル分析は各国から発信されるさまざま情報から中長期的な予想を立てること場合に役立ちますが、どのように相場に反映されるのかがわかりづらく扱いが難しい手法です。

結局どっちがいいの?

どちらの手法も有力ですので、どちらも組み合わせて分析できるようになると素晴らしいのですが、これからFXを学んでいこうという方は、まずはテクニカル分析を学習することをおすすめします。

というのも、ファンダメンタル分析は必要なタイミングで情報を入手することが難しかったり、また、手に入れた情報の扱いがとても難しいのです。

たとえば、とある国の主要人物がとある発言をしたとして、それが値動きのどちら方向に影響するかはわかるかもしれません。ただし、どの程度の値動きがどのタイミングで反映されるのか、今どこまで反映されているのかといったことを把握するのは困難を極めます。

そのため、ファンダメンタル分析を取り入れるのは、チャートや実際の数字から目で見て分かるテクニカル分析から学んでFXに慣れてきてからでも遅くはないと思います。

コメント